誰でもたくさんの情報を入手できる時代
溢れる情報から自分に必要な情報を精査するのが大変! 自分であれこれ考えてみたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、自分が持つ価値を知ってみませんか?
自分にあったお金との付き合い方を知ることができ、ストレスなく自分のやりたいことに邁進できます。
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします。 お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2016年02月09日

90歳まで生きるあなた 住まい方を考えておこう

90歳まで生きる確率は、男性で23.1%女性では47.2%
(厚生労働省の簡易生命表より)
つまり、男性は4人に1人、女性は2人に1人は90歳まで生存するわけです。

人生90年と思ったら、早々に仕事を引退するわけにはいきません。
人生の3大支出といわれる「住宅」「教育」「老後」の中で、
長寿化により、「老後」に必要なお金が一番高くなっています。
勿論、ライフスタイルは人それぞれなので、
どこに一番お金を掛けるか、価値観によっても大きく異なります。

できるだけ早めにコツコツ積立投資を始めておくことは
ずっとお伝えし続けているように大切な方法のひとつです。
ですが、それ以外にもできることはないでしょうか。

生活費をスリムに。
コンパクトでありながら、自分にとっては充実した暮らし方もイメージしておいた方がよいでしょう。
大きくなった生活は、急には小さくできませんから。
ただ節約だけして汲々とした生活を老後に強いられるのは悲しいもの。

世帯数4,5人の家族が、夫婦2人世帯になったら、
今まで住んでいた家スペースは必要ないわけですから、そのスペースをどう活用するかも
考えておきたい。

@小さい家またはマンションに住み換え
Aリノベ―ションして、アネックス(分館/離れ)を作り家賃収入を得る
B自宅の空スペースを駐車場として貸し出す

女性の場合は、男性より一般的には長寿なわけですから、
おひとりさまになるケースが多い。
気心知れた姉妹や友人宅の近所に移住することも含めて、
終のすみかと住まい方を考えておきたいですね。

当然、生涯の収支状況を確認した上で、可能なプランを実行することになります。
例えば、@からBのケースの試算比較をして、
資産の目減りの心配がない安全な方法を選択します。

保有資産の大きさによっては、
買い替えプランだと、80歳くらいで資金が尽きてしまうなんて
こともあります。
そのような時は、リバースモーゲージを活用した場合はどうかなど
比較検討することができます。
身の丈にあった暮らしなら方法や対策はいくらでもあります。
5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s.jpg







posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 12:04| 神奈川 ☀| ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。