誰でもたくさんの情報を入手できる時代
溢れる情報から自分に必要な情報を精査するのが大変! 自分であれこれ考えてみたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、自分が持つ価値を知ってみませんか?
自分にあったお金との付き合い方を知ることができ、ストレスなく自分のやりたいことに邁進できます。
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします。 お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2016年04月30日

経済記事から、先を見通してみる!

最近の情勢に関連する重要な記事と解説をいくつかご紹介します。(ブルームバーグより)

4/30 米雇用コスト指数:第1四半期は0.6%上昇−報酬の伸び悩み続く

賃金が伸び悩むということは先行き個人消費が低迷するということ。
個人消費の落ち込みは、景気にマイナス材料です。

4/30 4月米消費者マインド指数 91から89に低下 7カ月ぶり低水準、先行き景況感が悪化

米個人消費が、やはり減退してきています。

4/30 3月米個人消費 +0.1% 予想下回る伸び、実質べースではほぼ横ばい
3月の個人消費は勢いを失っています。
消費者が財布のひもを締めてきているのは明白です。
経済に影響しますので、先行きが懸念されます。

4/30 OPECの4月産油量 日量3264万バーレル、1997年以来過去最高に迫る イランの伸びが押し上げ

OPEC :石油輸出国機構 : 石油産出国の利益を守ることを目的と
して、イランイラククウェートサウジアラビアベネズエラ
の5ヵ国によって設立。現在13ヵ国が加盟。(生産調整機構)

イランの増産が止まないということは、
産油国の生産調整がつかないということです。
つまり、原油価格の不安定さは続くということが予想されます。
夏に向けては、需要が少ない時期に入るため、
株式市場の大きな変動要因にはならないかもしれません

4/30 NISA (少額投資非課税制度)恒久化検討 金融庁、現役世代の投資後押し

24年で終了する制度の恒久化で、歓迎されることですね。
ジュニアNISAが創設されたことでNISAの恒久化が検討されることは
見えていましたが・・。
非課税が適用される金融商品をもっと増やしてほしいです。
株式や投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(上場不動産投資信託)などの
投資商品だけでなく、預金も含めてほしいですね。

4/30 米国株、45ドル安 欧州株安を嫌気、円急伸も不安材料

円高による日本株の不調が懸念され始めたのは、良いことです!
円高に歯止めがかかることを期待します。
af0100003446l.jpg
posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 22:30| 神奈川 ☁| 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする