誰でもたくさんの情報を入手できる時代
溢れる情報から自分に必要な情報を精査するのが大変! 自分であれこれ考えてみたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、自分が持つ価値を知ってみませんか?
自分にあったお金との付き合い方を知ることができ、ストレスなく自分のやりたいことに邁進できます。
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします。 お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2016年05月02日

日本が「為替監視リスト」に入ったとは、どういうことか?

日銀が金融政策を現状維持としたため、先週28日は日本株式は大幅続落しました。
今日(9:50分時点)も655円下げていています。

米財務省が日本などを「為替監視リスト」に!
これは何を意味するのでしょうか?

これを含めた最近の情勢に関連する重要な記事と解説をいくつかご紹介します。(ブルームバーグより)

5/1 (4/30) 米財務省:日本など5カ国・地域を「監視リスト」に!
・日本、中国、ドイツ、韓国、台湾が監視リストに入っています。
・人民元は中期的に上昇するとの見方を示しています。

米財務省は29日、半期に一度の外国為替報告書を発表し、
中国と日本、ドイツ、韓国、台湾を新たに設けた「監視リスト」
に入れました。
 
なぜ、米財務省は、5ヵ国・地域を監視リストに入れたか?

5ヵ国が、不公正な為替政策の可能性があるとする
3つの基準のうち2つに抵触すると判断したのです。

3つの基準とは、
・対米貿易黒字が200億ドル(約2兆1,300億円)超
・経常黒字が自国国内総生産(GDP)の3%超
・GDPの2%超規模
の海外資産を購入するといった継続的な介入の実施。
ブルームバーグ記事

以上のような「為替監視リスト」に入ってしまうと、どうなる?

円安誘導がかなり難しくなります!
短期的には円高に振れる可能性が高まる
ということ。
為替が円高に振れると、輸入企業の企業業績にはデメリット。利益の見込みが減ることになります。
円安・株高の方向へは向かいにくいということになります。

米国は日本の内需振興策、構造改革に不満があるということでしょうか。

目先、円高とともに株安が進む恐れがあるでしょう。
地銀.jpg
5月下旬のサミットがますます重要なイベントとなりますね。

5/1 麻生財務相「円高、必要に応じ対応」 米外為報告書に制限

麻生財務相が報告書にしばられずに為替介入すると明言しました。
為替市場の「無秩序な動きというのは悪影響を与える。
動向を引き続き緊張感を持って注視し、必要に応じて対応する」と述べました。
麻生財務相がGW中に訪米訪欧するようです。
記事
posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 10:54| 神奈川 ☁| 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする