誰でもたくさんの情報を入手できる時代
溢れる情報から自分に必要な情報を精査するのが大変! 自分であれこれ考えてみたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、自分が持つ価値を知ってみませんか?
自分にあったお金との付き合い方を知ることができ、ストレスなく自分のやりたいことに邁進できます。
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします。 お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2016年06月13日

マイナス金利下、周辺へのその影響は?@

日本銀行は、新たな金融緩和の対策として「マイナス金利政策」を2016年2月にスタート
させてから早4ヵ月。

マイナス金利政策では、民間の銀行が日銀に預けている一部のお金に対して、
日銀が金利を支払うのではなく、手数料を徴収することで、
お金が貸出や投資に回ることを促すの狙い。

◆既に表れているマイナス金利の効果
金融機関の貸出金利が大幅に低下。
預金金利も低下。
住宅ローン、アパートローンの金利も低下。

住宅金融支援機構が提供する長期固定の住宅ローン’フラット35’の
最低金利が、1.10%(借入期間21〜35年、融資率が9割以下)2016年6月
となっています。
最大35年の間の固定金利でこの水準というのは、
史上で最も住宅ローンを活用しやすい状況となっています。

住宅ローンの長期固定金利は、長期国債(新発10年物国債)の利回りに連動して動きます。
新発国債10年物利回りのグラフを見れば、住宅ローンの長期固定(フラット35)の金利の動きが
概ね掴めます。
長期金利.jpg
posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 14:59| 神奈川 ☔| 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英国のEU離脱の可能性が高まった」

6月13日午後(14:21時)、日経平均は16,071.62円と500円以上下げています。

◆英国の世論調査による「英国のEU離脱の可能性が高まった」ことから、
欧米の株式市場が急落しました。

@英国のEU離脱というリスク
A世界の株式市場が下落するリスク
B原油価格が再び50ドルを割り込んだリスク

以上のようなリスクが浮上したことで、
投資に回っていたお金が円へ流れて(円が買われて)、円が高くなっています。
対ユーロは3年ぶりの高値、
対ドルでも105円台に円が上昇しています。

◆株式投資、こんな風に単純に考えでみましょう!

@わらなくなったら売って(現金化して)休む
A相場が大きく下がったら買う
B上がったら売る

よくわからない相場になってきたら、売って現金を持って待ちます。

いつまで待つか?!
「ずいぶん、大きく下がったな〜」という環境になるまで現金を持って待ちます。
参戦しないで休みます。

このまま16,000円を割って下がるのか、
ここが底で、再び16.500円まで戻すのかは分りません。
しかし、’割安な時以外では、株は持つべからず’
ac198eb0a3b8a1e48922c9bc79945243_s.jpg
posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 14:32| 神奈川 ☔| 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする