誰でもたくさんの情報を入手できる時代
溢れる情報から自分に必要な情報を精査するのが大変! 自分であれこれ考えてみたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、自分が持つ価値を知ってみませんか?
自分にあったお金との付き合い方を知ることができ、ストレスなく自分のやりたいことに邁進できます。
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします。 お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2014年12月01日

女性の働き方

1980年代後半は、男女雇用機会均等法が施行されたとはいえ、
男性と互角に戦っていくのは容易ではなかった。

今や「セクハラ」「パワハラ」などの言動や行動がひとたび
表にでると大問題になるが、
かつては、そんなのは日常茶飯事。
特に目くじら立てて激怒していたのは私くらいのものだった。

パワハラもひどく、
男性社員の中にも、なぜかいつも上司に朝から誹謗中傷され、
職場で涙を流していた人もいた。
そんな環境に堪えかねて、外資系企業に逃避した私は
戦うというよりも、働きやすい環境を求めて、
マイペースで仕事ができることを優先してきた。
その結果、うつ病にもならず、いたって健康で仕事も楽しく
続けてくることができたのだと思う。

先日、来春から社会人になる女子向けに講演を行わせていただく機会を得た。
その中で、雇用形態による生涯賃金の話をした。
正規雇用にしがみついて働く・・というのもひとつの選択だが、
細く長く働き続けるということも大事。
体や心が悲鳴を上げているなら、
少しペースを落とすことも必要。
生涯賃金を上位に保つために頑張りすぎて体を壊してしまっては
元も子もない。
健康な心と体が資本なのだから。




posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 13:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。