誰でもたくさんの情報を入手できる時代
溢れる情報から自分に必要な情報を精査するのが大変! 自分であれこれ考えてみたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、自分が持つ価値を知ってみませんか?
自分にあったお金との付き合い方を知ることができ、ストレスなく自分のやりたいことに邁進できます。
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします。 お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2016年01月22日

不動産の査定

戸建てマイホーム獲得に向けて、物件探しをしていたころ、
見るものすべてケチをつけてきたわけではありませんが、
予算内で探すと、どうしても譲歩しなければならないところが
でてくるもの。

それが、北斜面と接道している道の幅だった・・とは以前のブログに
記しました。
そんな住まいですが、気に入って時々手を入れて丁寧に暮らしてきました。
10年過ぎた今、ここ最近、不動産がかなり動いていることもあり、
2年前くらいから、盛んに不動産業者からチラシが入るようになりました。
こんな土地・家をお探しの方がいらっしゃいます。
ご自宅を無料で査定します

こんな土地・家・・・と求められているのは、ズバリ!ウチだったりするわけ
ですよ!
早速、査定してもらったところ、
10年前に購入した金額で、売り出せるという。
住宅ローンもとっくに完済しているし、そろそろ終の棲家を探し始めようかと
思っていたし、ちょうどよいタイミングか??

いや、ただ、家族構成が変わるのはもう少し先なので、
売却時期もそのくらいずれ込みそうです。
となると、家もその分、築年数を重ねることになり値打ちが下がるのでは?

大丈夫です!心配する必要はないです。

これからは中古物件の流通市場が拡大する時代です。
リフォームや設備を新たに設けたものなど
すべて履歴を残しておくことで、家の価値は評価されるように
なります

欧米の築100年の家が評価され、流通するように、
日本も’造っては壊し’のサイクルから、価値ある中古物件の流通市場が
拡大するようになるでしょう。
家.jpg

〜『いいものを作って、きちんと手入れして、長く使う』社会に
移行することが重要、
政府も、中古住宅の流通、リフォーム市場の環境整備を進めています。〜

(国土交通省 ”既存住宅・リフォーム市場の活性化に向けた取組み”より)






posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 11:18| 神奈川 ☁| 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする