資産づくりをしっかり学びながら実践していきたい
我流で貯蓄をしてきたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、’ため方’と’ふやし方’を学んでみませんか?
マンツーマン・レッスンなら、難しすぎてわからない、 簡単すぎるということはありません!
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします
金融商品の勧誘や販売は一切いたしませんので、ご安心を! お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2016年12月16日

米国が金利を上げることを決定、ドル118円に

米連邦公開市場委員会(FOMC)が1年ぶりの利上げを決めたことを受け、
金利上昇とドル高・円安が進んでいます。
円相場は、10カ月ぶりの安値となる1ドル=118円台をつけています。

為替は、様々な要因により変動するため、その見通しは非常にむずかしく、
先日、為替アナリストの方のお話を伺ってきました。

いろいろな事象により為替が動く癖があり、その特徴をご紹介します。

●米国の大統領選挙と為替相場の関係

選挙の年とその翌年は ⇒⇒⇒⇒ ドル高円安
選挙の年の2年後の中間選挙の年と翌年は ⇒ドル安円高


というように進む傾向があるということ。
今回11月9日の選挙時(105円)から今日現在(118)まで、ドル高に10%強上昇しています。
選挙後1年後には、ドル高円安に更に進行することも考えられ
過去の米大統領選挙前後のドル円の推移から、15%程度の120円に上昇することが
予想されるということです。

●日米の金利差とドル円は強い相関関係がある
これはわかりやすいのですが、
お金は金利の高いところに集まるという原理から、
米国の金利が上がり、日本は据え置かれたままの低金利とでは
金利が広がっていきます。
そうすると、金利の高い米国にお金が集まり、
お金が集まるところの通貨は強くなる、つまり、ドル高・円安になるということです。

ここまでの話だと、ドル高円安がこのまま進みそうだということでしょうか?

いいえ、そうとは言い切れません。

ドルは、7年から9年のサイクルで、ドル高、ドル安を繰り返しています。
そして今、ドル高(円安)は8年目を迎えます。
ドル高の流れは一巡したこという時期としても考えられます。
この8年周期というのは、アノマリー。
ハッキリとした理論的な根拠があるわけではないけど
よくそうなると経験則。
経験則では、ドル高基調は8年目に来ているので、もう一巡したころだよ
という考えに至ります。

このままドル高基調が続くかどうかは、まだ新政権もスタートしていないので、
わかりません。
日米の金融政策や、経済政策により方向が定まっていくでしょうが、
110円を割る展開の可能性は減っていくのではないかという
専門家の見解でした。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s.jpg
  


posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 13:37| 神奈川 ☁| 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする