2017年01月05日

申酉(さる・とり)騒ぐ年・・・A酉年

今年は酉年!
tori.png
干支にまつわる相場格言によると

”辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、『申酉騒ぐ』、戌は笑い、
亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる”


この『騒ぐ』とは相場が上にも下にも大きく動くという意味です。

過去3回分(2005年、1993年、1981年)の酉年を見てみると、
いずれの年も”上昇”となっています。
株価の上がり下がりが、大きく動いていたというわけではありませんでしたが、
日本国内や海外では、大きな歴史的な出来事が起きていました。

・2005年 郵政民政化法案成立
・1993年 EU(欧州連合)誕生
・1981年 米国でレーガノミクス

では今年2017年はどんな経済イベントが予定されているでしょうか。

1月20日  トランプ米大統領就任
1月下旬  安倍首相が訪米予定
3月15日  アメリカ債務上限の期限
※2015年10月頃、米国がデフォルト危機になりかけ、
期限付きの予算法案が可決されました。その期限がきます。
3月15日  オランダ総選挙
3月末   英国がEU離脱通告
4月23日・5月7日  フランス大統領選挙 投票
6月11日・18日   フランス国民議会

などなど、大きなイベンドが続き波乱が予想されそうです。
このようなイベントが流れの転換点となることがあるので、
そこは投資するチャンスになるかもしれません。

酉年の由来を調べてみると、
"酉の本来の読み方は「ゆう」と読み、口の細い酒壺を描いたもの"だそうです。
"収穫した作物から酒を抽出するという意味や、
果実を収穫できる状態である事から「実る」も表す"のだとか。

日経平均株価が、大きく下がってきたときに大きな実りを得られるように
資金を準備しておきましょう。
posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 11:01| 神奈川 ☀| 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする