資産づくりをしっかり学びながら実践していきたい
我流で貯蓄をしてきたけど、これでよいの?
友達が投資を始めたと言っていたけど、わたしも始めた方がいいの?
と悩んでいたら、 まずは、’ため方’と’ふやし方’を学んでみませんか?
マンツーマン・レッスンなら、難しすぎてわからない、 簡単すぎるということはありません!
あなたの学びたいこと、知りたいことが’わかる!’から’できる!’ までナビゲートします
金融商品の勧誘や販売は一切いたしませんので、ご安心を! お申込みはHPをご覧ください。
ボイスマルシェ」というオンライン相談サイトをご存知でしょうか? 匿名で電話相談することを可能にした女性限定の相談サイトです。 一番の特徴は、’自分の素性を明かさず匿名で専門家に相談できる’ということ。 全国どこからでも電話で相談できます! ぜひご利用ください。

2014年12月09日

原油価格が下がっている!私たちの暮らしに影響は?

ここ数年は、1バレル=100ドル前後で動いていた原油価格。
11月末から一層下落が目立っています。
1バレル=63.05ドル(8日)・・・2010年5月以来の安値です。
なぜ原油が下がってきているのでしょう。

その背景には、世界的な原油の供給過剰があります。
供給過剰の原因は、米国のシェール革命。
地下深い岩盤のシェール層から天然ガスを採掘する技術が開発されて、
その結果、米国の原油生産が増えているのです。
米国は、世界最大の石油の消費国でもあります。その米国が
自国でエネルギー採掘ができてくれば、
原油の輸入量は減ります。
ひいては、世界的に原油があまる傾向にあるわけです。

原油価格を決める組織があって(OPEC)
そこでは、加盟国12か国の生産量の上限を決め、
生産調整をしています。原油価格が下がれば生産量を減らして
価格の安定を図ります。
ところが今回は減産に踏み切らなかったんのです。

その理由は?これもシェール革命?
そうです!
米国の原油生産が増えている中、OPECが生産量を減らしてしまっては
世界シェアが脅かされると考えたからです。
NY原油    63.05ドル(−2.79/8日)
トウモロコシ 377.50(−1.00/8日)
トウモロコシが下落傾向なのも、原因はシェール革命。
原油等の代替エネルギーとしてトウモロコシなどを
利用したバイオエタノールがかつては注目されていました。
でもシェールエネルギーの増産により、
これも影を薄めています。

では、この原油安。私たちの暮らしには何か影響があるでしょうか。
*ガソリン価格の下落
*原油も用いた原材料価格の低下
国内の経済にとってはプラスに起用することが多いと言えます。

ただ、原油価格が更に長期間に渡り下がり続けていくと、
産油国の中東諸国やロシアの経済に影響を及ぼすことにもなり、
それらの国々の経済にとってはリスクが拡がる可能性もあります。

posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 18:00| ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

ポッキーの日

最近の中学高等学校では、11月11日の11時11分、授業中にも関わらず、
「ポッキー」と生徒が声をかけると
先生がポッキーと応え、ポッキーを2本取り出して、
ポキッと食べる・・・という一場面があるらしい。
その後すぐに平常通りの授業が再開され、
皆集中して学習に戻るらしい。



posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

家計の黒字 働き方で大きな差に

今朝は、岡山行きひかりに乗り、富士山を眺めながら
静岡へ。
講演出張でした!

私が証券会社に就職した年・・・
ブラックマンデーの年・・・
もう26年前になりますが、

来春社会人となる、
今日の受講生の方々は、まだ生れてなかったのですね

バブルやブラックマンデーなんて言葉も、
経済史上の遠い世界の用語に過ぎなくなっているのかもしれません。


まだまだ先行きが不透明な世の中だからこそ、
しっかり意識しておきたいこと
頭の片隅でいいので置いておいてほしいと
思いました。

収入を増やす
スキルを磨く 自分だけの強み、武器にできるものを持つ
それにより、昇給だけでなく、有利な転職も可能に。
さらに自分が本当にやりたいこと 天職に
出会え、それを事業化するような
大きな夢の実現に繋げていく可能性が生まれる。

家計を把握する
家も会社と一緒です。
決算があるように、収入と支出と将来の備えに残せるお金を知ること。
貯蓄は必ず先取り!給与天引きで貯蓄に強制力を
持たせないと使ってしまいがちなため、
計画的に貯めてくこと!

お金にも働いてもらうこと
0.02%の預金金利がいつまで続くか
わかりませんが、
この空前の低金利では、
お金の預け先については知恵と工夫は不可欠です。

若いご夫婦には、共働きの方が増えましたが、
子どもが小さいうちは傍で育てたいと希望する女性も
少なくないです。
ただ、一度職場を離れてしまうと、
また同じ条件で働くことが難しいというのも事実。
同じ雇用形態を維持しつつ、産休+育休を活用して
職場に復帰できる状態を保っておく方が安心です。

総務省「家計調査」によれば、
片働き世帯の消費支出は1ヵ月 平均30.4万円。
共働き世帯の消費支出は1ヵ月 平均33.1万円。

片働き世帯より、共働き世帯の方が、2.7万円多いものの、
収支でみると黒字は、共働き世帯が6.8万円多く
なっているのです

1ヶ月に約7万円の金額は、将来に使えるお金として
貯蓄にまわるとなると、
10年、20年の長期の間には、
大きな格差につながる可能性も考えられると
資料には綴られています。

仕事は絶対に辞めないで
と言いたい。





posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

かさむ教育費  頼みの綱は

子どもの教育費
お子さんのいる方ならおわかりでしょう。

こればかりは、ファイナンシャルプラン通りにはいかないもの
別ものです。


塾代だって、あてなき投資。
勝算より希望的観測
で使ってしまいます。


我が子が勉強している姿を見たら、
あらゆる可能性へ挑戦させたくなるものです。

自分の趣味や被服費その他あらゆるものは
上手に節約するも、
教育費だけは・・・という方、少なくないと思います。

『高齢者の金融資産の若年層への移転を促す贈与税の非課税措置に踏み込む』
という朗報が!
政府が打ち出した資産の活用促す施策のひとつ。


祖父母から孫に教育資金を贈与する際にかかる贈与税を非課税にする
というもの!
2013年度税制改正で期限つきで実施される見込み。

1,500万円程度を上限に非課税とする案が有力です。


個人金融資産の6割が高齢者に偏っている中、
そのお金は消費になかなか回らないという現状があります。
高齢者から若い世帯へ資産が流れ、
教育資金の負担が減れば、若い世帯が買物や旅行でお金を使う余裕も
生れる・・・消費が上向く・
・・と政府はみているわけです。


この政府が実施する減税措置が株式市場に伝わるや

学習塾関連銘柄は軒並み急騰 (9日終値 前日比%)


9470 学研ホールディング  (34%)
4745 東京個別指導学院   (30%)
9760 進学会          (27%)
4714 リソー教育        (17%)


上位校を狙うケースだと、
通常コースに個別指導を追加したり、
家庭教師をつけたり、
実際、塾代+教育費はかなり家計を苦しめます。

そもそも、身の丈にあった生活スタイルをすべきではありますね。
家計が苦しくなるほどの
あまりに高額な塾代がかかりそうなら、その選択はしないとか

お金に余裕のある祖父母であれば、
この減税措置をどんどん活用して、
結果的に世の中にお金が
回るという流れを作っていただきたい。


posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

『嬉しい』『喜び』『感動』に買い!

今日も寒い一日でした。

日差しは強いのでサングラスをかけつつ、

ダウンコートにマフラーを首にぐるぐるっていう装いで

税務関係のセミナーや打合せに動きまわっておりました。


最近のわたくしは、すっかり財布のひもを固く閉め、

倹約のライフスタイルが身についてきました。

しかも、そこにはムリがないので心地よいのです!


先日、

『感動体験に財布開く』という見出しで

オリエンタルランド社長のインタビュー記事が

日経新聞に載っていましたね^^


消費が低迷しているなか、ディズニーリゾートなどの

テーマパークや旅行、レジャーにはお金が使われているという。


商品中心の考えから、

心に残るコトにお金を使う傾向が見て取れると。


「バブルの時の方が入園者はお金をもっていたはずだが、

当時よりも今の方が客単価が高いのが

消費者の価値観が変わった証しではないか」

(日経新聞記事より抜粋)


心が豊かになるサービスに対して価値を認める人が増えてきたということ。


オリエンタルランドが運営する東京ディズニーランドは、

2012年4月〜9月期の入園者数が1,325万人!!

上期として過去最高を記録アップ


「心の時代」にモノを売る方法〜小阪裕司 著 の中でも、


「消費者の気分をわかってる」

『嬉しい』体験を提供してくれるモノやサービスを

今の消費者は求めていると記しています。


笑顔あふれる豊かな暮らし音譜

それは、モノではなく、

心で感じるものでなくてはならなくなっているのですね

ペタしてね

posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする