2023年02月18日

株式投資は私の推し活

「大人のたしなみ株式サロン」の株活プロデューサー 村松祐子です。

私が長年応援している会社の一つに「東レ」があります。
今年で創業97年目を迎えた東レは炭素繊維で世界シェアNo.1を誇っている日本を代表する老舗企業です。
ヒートテックなどユニクロの大ヒット商品を生み出したことでよく知られていますよね。
先端軽量素材の炭素繊維複合材は、衣類や産業用の繊維だけでなく、米国ボーイングの中大型旅客機などにも採用されています。
新たな成長分野として、EV搭載リチウム電池用の絶縁材フィルムにも力を入れています。

ただ、株価のパフォーマンスは過去20年間では乱高下が激しく行って来いという感じ。
株価だけ見ると大きく値上がりしているとは言えません。

ですが、私は値下がりしたタイミングでナンピン買いを繰り返しながら資産を形成しています。

同じ年月を経て株価が10倍になっている企業もある中で、
東レの株価のパフォーマンスは良好とは言えないのに、
なぜ追加投資をしながら長期保有しているのかと聞かれることがあります。

私がこの会社に惚れ込んでいるのは、「七転び八起き」なところ。

東レは何度も苦境に立たされてきました。
しかし、その度に危機から脱し成長と変革を遂げてきたのです。

幾度も苦境に立たされているところが、、なんか私の人生と重なるのです(汗)

でも東レは訪れる危機から必ず脱し、
その好奇心と結果が出るまで粘り強くやり抜く執念からイノベーションが生まれ、
繊維会社から現在の化学繊維事業に発展
してきました。

私はそんな企業の力強さから勇気をもらい諦めないで先へ進もうと思えます。

危機から脱し、イノベーションを遂げることを可能にしてきた力は、今後訪れる苦難もきっと乗り越えていくでしょう。
企業の成長のスピードは業種や企業毎に異なるので、結果をそう急ぐことはありません。
成長への道半ばと捉え、将来への更なるイノベーションを期待して長期で推していきます。
これまでの長きに渡る素材研究と技術を生み出す力には信頼が持てます。

以前、私は、東レの研究機関がある基礎研究所へ仕事で伺ったこともあります。
鎌倉の美しい丘陵地帯の広大な敷地にテニスコートが備えられ、自由研究の気風を重んじ、
研究者が自主的に取り組むことを奨励していると伺いました。
研究の合間に体を動かしたり景色を眺めたりしながら新しい技術が生まれているのだなあと想像しながら、
これから生み出される技術にも期待を寄せています。

東レが生み出す素材は、私の生活に深く関わっていることも東レ推しの理由です。
その一つがシルックR。私の着物生活を変えました。絹のような光沢と風合いで着心地もよく、
気軽に自宅で洗えて清潔感があります。
浴衣のセオアルファの誕生も画期的です。
綿100%の素材を上回る吸水性と速乾性。
軽量感とドライ感は日本の猛暑で心地よく浴衣を楽しめます。
品質の高さと心地よさから快適な使用感を実現しています。

さらに日常の暮らしに直接的な影響を感じにくいものの、電子材料や水処理の開発にも力を入れています。

多方面に向けての好奇心と
高い技術への執着心は、さらなる新しい価値を作っていくのでしょう。

これから資産運用をスタートしたいという方は、
少人数制の勉強会やマンツーマンレッスンを開催していますので、
ぜひご参加ください。
自分の推し株を発見して、株式投資でセルフブランティングしていきましょう。
https://www.fp-cosmos.com/
IMG_0039.jpeg

#推し株 #株式投資初心者 #推し活

posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 21:00| 神奈川 ☀| 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月15日

新しいNISAについて Q&A

2024年から利用できるようになる「新しいNISA」。
恒久化・抜本的拡充化されて新しく誕生するNISAのことを「新しいNISA」と呼んでいます。
多く寄せられる質問に、「令和5年税制改正大綱」で読み取れる範囲で回答します。

Q1.新しいNISAはいつから利用できるのでしょうか?

2024年1月から適用されます。
現在、NISA口座(一般NISA、つみたてNISA)を利用している金融機関に、2024年1月1日において「新しいNISA」が自動的に開設されるようになる予定です。
現在口座を利用している方は、金融機関に対して何か手続きを行う必要はありません。
令和5年(2023年)度税制改正により、これまで予定されていた2階建てのNISAに代わり、新しいNISAが始まります。

Q2.年間投資上限額が引き上げられましたが、使い残した金額分を繰越すことはできますか?

今回、年間投資限度額とは別に非課税保有限度額が導入されました。ある年に年間上限額を使い残したとしても、翌年以降の年間投資上限が引き上げられることはありませんが、非課税保有限度額が上限に達するまではNISAでの購入が可能です。
※非課税保有限度額:つみたて投資枠1,800万円、うち成長投資枠1,200万円。

Q3.つみたて投資枠、成長投資枠とは何ですか?

新しいNISAでは、つみたてNISAの機能を引き継いだつみたて投資枠と
一般NISA枠を引き継いだ成長投資枠を同時に利用することができます。
つみたて投資枠の年間投資上限額120万円で、つみたてNISA同様、積立投資に利用することができます。
成長投資枠の年間投資上限額は240万円で、一般NISA同様、自由なタイミングでの投資に利用することができます。

Q4.非課税保有限度額と簿価残高方式とはどういうものでしょうか?

非課税保有期間の無期限化と併行して、個人が非課税で保有できる金額に上限が設けられました。
この上限金額を非課税保有限度額と呼んでいます。
非課税保有限度額は、買値(簿価)ベースの残高で管理されます。新しいNISAの非課税保有限度額は1,800万円とされ、
1,800万円まで購入することができます。

Q5.非課税保有限度額を使い切ってしまった後はどうなるのでしょうか?

非課税保有限度額を使い切った後でも、新しいNISAで購入した商品を売却した場合には、
その商品の買値分(簿価分)だけ、非課税保有限度額が復活します。
(売値分ではありません)
翌年以降、復活した非課税限度額を新たな商品の購入に利用することができます。(その予定です)

Q6.現在NISAで保有している商品はどうなるのでしょうか?

現在NISAで保有している商品については、非課税期間が終了するまで引き続きNISAで保有することが可能です。
ただし、新しいNISAに移管することはできず非課税期間の終了は課税口座へ払い出されます。
課税口座への払い出しの際、取得価額はその時の時価に改められます。旧NISAへ移管することはできません。

以上、「令和5年税制改正大綱」で読み取れる範囲の内容です。詳細は、2023年4月に公布される改正税法を待つ必要があります。

♯株式投資
♯投資信託
♯成長投資枠 
♯新しいNISA 
♯非課税保有限度額


posted by ライフ&マネーのコンシェルジュ at 23:38| 神奈川 ☔| 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする